ペルシャ絨毯の生産地別の特徴

ペルシャ絨毯はイランで生産され、生産地によって分類されることが多いです。主な生産地は、コム、イスファハン、ナイン、タブリーズ、カシャンなどになります。産地別の特徴について、まずコムの絨毯はシルクを使っているのが特徴です。シルク絨毯は見る角度によって色が違って見えるので、たいへん美しいです。イスファハンの絨毯の素材はウールになります。古くから生産がおこなわれているイスファハンは、ペルシャ絨毯の発祥地です。ナインの絨毯は中心部の色遣いが特徴的で、目の細やかな「シシラ」と目の粗い「ノーラ」というタイプがあります。タブリーズは「マヒ柄」と呼ばれる魚の鱗状の模様が特徴です。ほかに風景、人物、動物を絵画のように織り込んだものがあります。最後のカシャンは白いシルク絨毯が有名です。イスファハンと共に古くから生産がおこなわれている地域です。

ペルシャ絨毯の伝統的なデザイン

ペルシャ絨毯の素材として用いられているものは羊毛です。羊毛はコルクウール、マンチェスターウール、キャメルウールなどさまざまなものが使われています。綿素材も多く使われています。絹素材はウールに比べて耐久性が低いので、床に敷くものではなく、装飾品のように壁に飾られることがほとんどです。ペルシャ絨毯の多様なデザインは、広範な生産地域によって生み出されてきました。よく見られる特徴的なデザインは、幾何学模様、唐草模様など直線、曲線の反復的なものになります。デザインは地域、家系ごとに継承されて、職人の経験や記憶によって再現されています。複雑なデザインには下絵を用いますが、時代の移り変わりからコンピューターによる加工が取り入れられています。現存している最古の絨毯は約2500年前のもので、太古より途切れることなく生産が続いていることからも、デザインの多様性は計れます。

ペルシャ絨毯のイメージ

日常生活での住まい関係のインテリアでは、さまざまな種類がありますが、住まいでの安心感ということでは、安定感がある物を利用すると、住んでいるだけで安心するということがあります。ペルシャ絨毯もそのひとつですが、ペルシャ絨毯は、イメージとして、高級品という感じがあります。ですので、ペルシャ絨毯があるというだけで生活レベルが高いということが感じられます。そんなイメージも含めて、高級感のある存在という演出ができます。社会的にも、家族や自分の満足感ということでも、使いやすい商品ということができます。伝統的に、古代から現代にいたるまで、価値を求められてきた伝統は、ブランドとしても大きな意味を持っています。また、インターネットでも、簡単に購入することができるようになっているということでは、高価な中でも購入しやすいということが言えます。その点も身近な存在になっています。

ペルシャ絨毯専門店のペルシャン・ギャラリー青山本店。 空飛ぶ心地の至高の絨毯があなたの元へ、1万円以上のお買い上げで送料無料となります(対象エリアは日本全国です)。 当社が手がけるペルシャ絨毯はデザイン・染色・織りなど工程ごとに、職人技がいかんなく発揮されております。ペルシャ絨毯の種類が豊富!!