芸術品なのに日常生活に取りいれられるペルシャ絨毯

古代ペルシア王国からの伝統と技術を受け継ぐペルシャ絨毯はインテリアの一部という枠以上に高い芸術性が評価されていて、世界中の人に愛されていて、現在イランで作られる手織りの絨毯がペルシャ絨毯と呼ばれていて色とりどりの織り糸で作られている繊細なデザインが芸術品として評価されています。部屋に絨毯を広げると別世界ができて、何千年も前から人々の生活を支えているペルシャ絨毯の歴史を感じる事ができ、芸術品なのに日常生活の中に違和感なく使える絨毯で、いつの時代も生活の中に溶け込んでいるインテリアです。その魅力の中には、美しい色合いを挙げる事ができ、同じ色でも、明るい色や暗い色、鮮やかな色、くすんだ色、濃い色、薄い色と色々あって、何十色もの色が使われている絨毯なのにどんなタイプの部屋でも合う絨毯です。自然素材で使われているので木や紙が使われている日本の住宅にも馴染みます。

ペルシャ絨毯を作る織り子について

ペルシャ絨毯は、手作業で糸を一つ一つ結んで行って作られ、織っていく人達が織り子と呼ばれる職人で、何時間も織り機の前に座って、一つ一つ丁寧に糸を結んでいき、ひたすら作業を繰り返していきます。数多くの結び目を作っていって長時間掛けて絨毯は完成していきますが、この作業はとても神経を使うので織り子は高い集中力が必要な仕事です。主な産地の場合には有名なペルシャ絨毯工房がいくつもあり、織り機が使われ、様々な絨毯が織られています。1980年代にペルシャ絨毯の生産が再度盛んになって、タブリーズでは大きな工場の織り子として働いていたのは成人男性と若い男の子でしたが、現在は織り子は男性だけでなく女性もいますが、若い年齢層の女性は美しい絨毯を織る事ができるといわれていて、女性の細やかな指使いで誠実で丁寧な仕事ぶりが絨毯の質を向上させるといわれています。また、若い女性は集中力が長時間続くといわれている事も高品質の絨毯を作るといわれています。

ペルシャ絨毯とは違った毛織りの絨毯ギャッベ

イランなど中央アジアの遊牧民が作った手織りの絨毯はギャッベで、ペルシャ絨毯は伝統的で繊細な美しさがありますが、ギャッベは分厚く素朴な民族柄が特徴的です。ギャッベは人気がなかったのですが、最近はエコ指向が高まっていて民族的な素朴さがあり人気があります。ギャッベは自家用の敷物として女性達が楽しく模様を描いていて、一点ものとして魅力があり素朴な風合いがあります。ギャッベが羊毛と天然染料を使っているので、赤ちゃんやペットなどが絨毯を舐めてしまっても安心です。自然な色合いは和の雰囲気もあり、モダンな雰囲気やナチュラルな雰囲気にも合い、ギャッベは厚みと密度があり羊毛で織られた手織りの絨毯なので保湿性あるだけでなく、夏はひやっとしていてさらっとした肌触りで、冬は暖かく、1年を通じて心地よく使う事ができます。