ペルシャ絨毯のクリーニング

通常ペルシャ絨毯のクリーニングは大量の水と専用の洗剤を使って丸洗いが行われて、絨毯に付く汚れやホコリを取り除いて絨毯の光沢が蘇り、長年使っているタバコやペット、食品のにおいなどもクリーニングをする事によってなくなります。職人によっては手作業でシミを抜く業者もあります。シミが付いてから時間が経っている場合にはシミ抜きの工程が何度も行われるので長時間の作業時間が必要です。シミがついてしまった時にはクリーニングをする時期に関係なく早めにメンテナンスを行った方がよいです。絨毯の日焼けは修繕が可能で、絨毯の表面を削って元の色に戻す方法です。湿気の強さと乾燥が四季によって繰り返す日本の気候では絨毯のゆがみが数年で起きてしまう事もあります。絨毯を引っ張る専門の機械を使うとゆがみは直す事も可能です。フリンジは傷みが激しくなる部分で長年使っているとフリンジはすり減って短くなっていきます。すり減ったフリンジを取って新しい糸を縫いこんで修復していきます。フリンジがすり減った時が絨毯のクリーニングの時期の目安です。

自宅でペルシャ絨毯を手入れする場合には

家の玄関などにペルシャ絨毯を敷いている場合のお手入れは、直接掃除機を雑に掛けてしまったり、ふきんで拭き取る場合には見直しが必要です。正しいお手入れを行わないとすぐに汚れてしまったり、ほころんでしまいます。理想的なお手入れの方法は、毎日手入れをしたい場合にはペルシャ絨毯の毛の向きを確認して、方向を間違ってしまうとフリジンを傷めてしまいます。掃除機を使ってほこりを取っていく場合には、毛の向きを逆らわないで掃除機を丁寧いに掛けていき、表面が汚れている場合には素材によってお手入れの方法が違うので生地を確認しておきます。シルクやウールの絨毯の場合には冷水で濡らした布を固く絞って表面を軽く拭き取ります。ウールはデリケートなのでゆっくりと拭き取るようにします。長期間絨毯を使っていると手入れをしても汚れを取る事ができないので専門のクリーニングに持っていき手入れをします。

ペルシャ絨毯の選び方

歴史あるペルシャ絨毯は日本の規格とは違いサイズや素材などで選び方に悩むことがあります。もともとペルシャ絨毯は使用される原産国の住環境を考慮して大型のサイズやかなりの耐久性がある頑丈な造りになっていると言われています。現在の日本の住環境とは異なる為、お手頃な価格の絨毯は機械織などで作られたり耐久性がそこまで高くないものもあると言われています。特に本物にこだわらなければ現代風の材質に手頃な価格の製品でも問題はなく使用でき、あえてそちらを購入する方もいます。近年ではマンションなどでも扱いやすいように少し小さめなサイズや玄関マットにぴったりのサイズのものが人気で実店舗やネット通信販売などでも品数が増えてきています。常に情報を集めたり、販売先に問い合わせたりしてみると自分の理想に近い商品を見つけたりすることができます。